ひよっこ

NHK朝ドラ『ひよっこ』の茨城弁を懐かしく思っていたら、主人公が茨城を離れ、いよいよ東京生活が始まった。

今度は、ライン工場を懐かしく思っている。私がいた工場は、ベルトコンベアではなかったけど。一作業あたりにかかる秒数を計測している場面など、当時を思い出した。

全体の流れを止めるほど作業が遅くてもいけないし、早すぎても手持ち無沙汰になる。ベルトコンベアではなかったので、ある程度滞留を手元に作れるけど、部材変更や、仕様変更が随時入るので、作った順に流さないといけない。

 

作るものは時代によって変わるけど、ラインの工程はある程度変わらないんだろうなあ。

全部、機械がオートメーションで作ってると思っている人もいるけど、ものによっては人間でないと難しいものもある。

 

みねこ、がんばれ。